「人々の普通の生活を観察し、使う人がちょっとだけ幸せになれるデザインを考えよう!」深澤直人さん。