読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらいて

ひらいて


綿矢りさの新刊がずいぶん前に出ていたので読んだ。
綿矢りさの描く単語と単語、その流れや表現がとてもきれいでクセになる。
ひらいては登場人物がまた一歩踏み出し、よりリアルであるようなウソであるような小説だった。何ともいえない読了感。また初期の作品から続けて読みたい。