読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は中華料理屋さんで晩ご飯を食べました。料理を作っている所を見ていると食欲が増したり、逆になくなったりすることがあります。これはプログラムを作る作業にもあたるのかなと疑問に思いました。でも、料理は誰でも一度は挑戦したことがあるので、難しさや器用さみたいなものが分かるけど、プログラム作りに挑戦したことがある人は限られます。そこに制作までの過程や成果物を見る上での感じ方の違いがあるのかなと思いました。料理がどう、プログラムがどうより。やったことがある人とない人で感じ方が違うのは面白いと思います。プロが作ったものをすごいと思うのとは少し違った視点で。