読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの行動規範 2016

この記事は「行動指針 Advent Calendar 2016」の6日目の記事です。

こんにちは、かしまです。社会人4年目にもなり色々と新卒の時とは考え方が変わってきたので、私の行動規範としてよく自分の中で問いかける5つを残しておこうと思います。

ピンチの時こそ手を止める

「あ、やばいな」と思ったときこそすぐに手を止めてゆっくり一呼吸するようにしています。そうすると周りの状況がよく見えて次に何をすればいいか考えやすくなります。

何も考えないようにして寝る

どうしようかなと困った時はいろいろ考えずに頭をからっぽにして寝るようにしています。そうすると昨日考えていたより深刻じゃないことがほとんどだったりするのですっきりした頭で考えやすくなります。

他の方法がないか考えてみる

今までは経験でこれでいこうと決めることが多かったのですが、最近はなぜ他の方法を選ばなかったのか考えるようにしています。そうすると、案外見えていなかった部分が見えてくることが多いなと思います。

アクセルを踏み込めるようにしておく

今の会社の方の受けうりですが、普段はさらにもう一歩アクセルが踏み込めるように余裕を持ってものごとを進めるようにしています。「いまだ!」というタイミングで全力で行けるかどうかがすごく重要なことだと思うので意識するようにしています。

またはもうこない

最近よく思うことに「また〜」はなかなか実現されないもんなんだなと思います。「また会った時に話そう」や「また帰りに行ってみよう」は、その時は実現されると思ってるのですがほとんど実現できていないなと思いました。なので、やりたいと思ったらできる限りその時に行動してみるように心がけています。


以上が私の行動指針になります。いかがだったでしょうか。
自分でも立ち止まって考えたことがなかったのでこうやって意識するのはすごく新鮮でした。


そして明日の「行動指針 Advent Calendar 2016」はottieeさんです。同じチームの同僚なのですが、普段こういう話をすることがないのですごく楽しみにしています。
それでは引き続きどうぞ宜しくお願いします。